特定の事態をややこしくしないためには、あまり多くの人を巻き込まないように…と考えて、全部自分だけでやろうとする方もおられるかもしれません。確かに普段の生活であればそれも通用するかもしれませんが、交通事故のような場合は、逆にそれは失敗の元となる可能性があります。私達にとって、せっかく弁護士という頼れる人がいるのですから、全面的に弁護士に頼ることだってできます。ではなぜ、まずは弁護士に頼った方が良いのでしょうか。

それには、確実にメリットがあるからです。交通事故の被害者となると、相手が加入する保険の担当者と交渉を行う事になります。その交渉は、どのくらいの賠償額を受け取ることができるか、ということに関係してきます。私達が個人で交渉を行う事もできますが、弁護士に依頼する時と、どちらの方が交渉がうまく運ぶでしょうか。それは言うまでもなく、弁護士に依頼した方でしょう。

また、もし交通事故による後遺障害等があるならば、その等級認定に関しても手続きが必要ですが、これも弁護士に依頼しているかどうかによって、結果は変わってきます。実際に過去の事例が示す通りです。ですから、弁護士に依頼するメリットは確かにあるのです。

Comments are closed.

カレンダー

2017年2月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

アーカイブ