私達が自分自身で直面したくない、ということは山ほどあるかもしれませんが、交通事故も、いわゆるその一つでしょう。交通事故に関するニュースを見ると、なおさらそのように感じるかもしれません。しかし、実際に、私は交通事故とは無縁だ、と言い切れる人はいないでしょう。たとえ車を運転していなくても、交通事故に巻き込まれる可能性はゼロではないのです。車の運転は、少なからず交通事故のリスクを背負いながら行っている、ということができます。

もちろん、誰もが交通事故に遭いたいなどとは思っていません。しかし、予期しないところで、それに巻き込まれてしまうこともあります。車も破損し、もしかしたら怪我をするかもしれません。また、交通事故においては、『怪我だけでは済まない』ことがあります。そういった事態を避けるために誰もが安全運転を行っているのですが、それはあくまで私達が気を付けている、ということだけで、他の運転を行っている人も同様に気を付けている、とは言い切れません。どういうことでしょうか。私達は、誰かの事故に巻き込まれる可能性も、誰かを事故に巻き込む可能性もある、ということです。

もし交通事故に、巻き込まれてしまったら、車を修理すれば良い、ということではありません。きちんと、交通事故を引き起こした加害者側から、賠償を受けなければなりません。そこで、きちんと正しい賠償を受けるために、私達は弁護士という存在に、頼ることができるかもしれません。

参考資料⇒後遺障害認定アシスト

Comments are closed.

カレンダー

2017年2月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

アーカイブ